花の都フィレンツェ。そうつぶやくだけで、うっとりとした気分になる美術ファンは多いはずだ。ウフィツィ美術館を始め、市内の教会や美術館、広場のそこここに珠玉のルネサンス美術が顔を出す。その背景には銀行業で巨万の富を蓄えたメディチ家の存在があった。当時、いくつかの共和国に分かれていたイタリアでフィレンツェ共和国の実質的な支配者となり、後には教皇まで輩出し、中世ヨーロッパで権勢を誇ったキリスト教世界のトップにたった家柄だ。ロレンツォ・メディチを始めとするメディチ家の人々は、自らの為政の場や住まいを飾るためミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチ、ボッティチェリらに絵画や彫刻を依頼する。教会にも布教のための壁画を寄進し、壮大なドームを備えた聖堂を建てる。こうしてわずか2キロ四方程度のエリアに巨匠たちの至宝がひしめき合う、それ自体が一つの美術館であるような街が生まれた。
本作ではウフィツィ美術館が収蔵する傑作の数々のほか、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂やシニョーリア広場、国立バルジェッロ博物館などに並ぶ至高の絵画や彫刻、建築を高精細3Dで見ることができる。なかでも2011年から修復が進められてきたレオナルド・ダ・ヴィンチ「東方三博士の礼拝」が映像では初公開となるのに注目だ。またフィレンツェ・ルネサンスの代表作といえるボッティチェッリ「春(プリマヴェーラ)」「ヴィーナスの誕生」、ミケランジェロ「聖家族」、ラファエロ「ひわの聖母」などの作品群もじっくりと堪能できる。世界遺産の街、フィレンツェの花が文字通り咲き誇る映像は最初から最後まで見逃せない。
映画に登場する作品の多くが収められているウフィツィ美術館は、ロレンツォの傍系でひ孫にあたるコジモ1世(1519~1574年)によって建設された行政庁舎がもとになっている。コジモ1世は、画家・建築家であり、同時代の画家たちを紹介した著書「芸術家列伝」でも知られるヴァザーリに設計を依頼、1580年にそれまで分散していた役所や裁判所などを一つにまとめた建物を完成させた。ウフィツィとは英語のオフィスである。このウフィツィでは1581年から建物の一部で絵画や彫刻などが部分的に公開されており、近代的な美術館としてはヨーロッパ最古と目されている。
1743年、コジモ1世の末裔であり、メディチ家最後の人間となったアンナ・マリア・ルイーザが死去する。彼女のもとにはメディチ家が300年にわたって蒐集してきた絵画、彫刻、宝石などの美術品が残された。彼女の遺言により、これらの宝物はトスカーナ政府に寄付される。1769年、ウフィツィ美術館でそれらメディチ家のコレクションの一般公開が始まった。以来約250年、今ではイタリアで質・量ともにトップクラスのコレクションを誇り、世界でも最も多くの人が訪れる美術館となっている。
本作には進行役として、ロレンツォ・デ・メディチ(1449〜1492年)が登場する。名優サイモン・メレルズが演ずる、この人物は何者か。
ロレンツォの祖父はフィレンツェで「祖国の父」とうたわれたコジモ・イル・ヴェッキオ(1389〜1464年)。絶頂期のメディチ銀行を率いて建築家・芸術家を庇護した。ロレンツォは病弱だった父の死に伴い、わずか20歳でメディチ家の当主となる。政治・外交に長け、生前から「イル・マニーフィコ」(偉大なる)と呼ばれた。哲学や芸術にも造詣が深く、ロレンツォの時代にはヴェロッキオ、ボッティチェリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロらが活躍している。また彼はコジモが創設したプラトン・アカデミーに加わる。ボッティチェリの絵に現われる新プラトン主義の意匠はプラトン・アカデミーで培われたものだ。また若き日のミケランジェロを自邸に下宿させ、コジモが蒐集した彫刻が飾られた庭園を開放して勉強させた。
ロレンツォの死後メディチ家は失脚、追放の憂き目を見る。ロレンツォ・イル・マニーフィコがその称号の通り、真に偉大だったかどうかは見解の分かれるところだが、彼の死によってフィレンツェにおけるメディチ家の黄金時代がひとまず幕を下ろしたことは間違いない。